40代の矯正治療について

40代の矯正治療について

矯正治療には、子供の矯正治療と大人の矯正治療があります。
大人の矯正治療といっても、10代後半〜20代をイメージする人が多いかもしれません。
しかし今、大人の矯正治療では、40代以降で治療を受ける人が増えてきています。

 

40代以降で矯正治療を受ける理由は、健康と老化です。
20〜30代だと、歯並びが悪くても健康状態を若さでカバーする事が出来ます。

 

 

 

しかしながら体力や免疫力の低下を実感する40代になると、口の中のトラブルも目立ち始めます。
加齢に伴い、歯の隙間が広くなるなど、歯並びは悪化します。
するとどうしても虫歯や歯周病を発病するリスクが高まってしまいます。

 

また不健康な口元だと、年齢が露骨に出てしまい、歯が原因で実年齢よりも老けて見られてしまいます。
健康と老化を改善するために、40代以降で歯の矯正治療を受けようと決意する訳です。

 

40代以降で歯の矯正治療を行うメリットは、虫歯や歯周病になるリスクを抑える事が出来ます。
また歯並びは顎やフェイスラインに大きな影響を与えます。
そのため矯正治療を行う事で、フェイスラインがすっきりとし、若々しい印象を与えてくれるでしょう。

 

また40代で矯正治療を行う事は、その後の人生で健康年齢を伸ばす効果があります。
自分の歯を失ってしまうと、モノを噛む事が出来なくなってしまいます。
噛む事で脳の血液量が増えて、動脈硬化や脳梗塞を予防する事が出来ます。
認知症の進行を食い止める効果もあると言われています。

 

高齢者になっても健康な歯を維持するためには、40代のうちに矯正治療を受けておく事をお勧めします。

関連ページ

矯正器具の種類
矯正器具の種類
リテーナーとは
リテーナーとは
喫煙と矯正治療の関係性
喫煙と矯正治療の関係性
矯正治療中もスポーツは可能?
矯正治療中もスポーツは可能?