出っ歯の矯正

出っ歯の矯正

不正咬合と呼ばれる噛み合わせを矯正するのが歯列矯正の主な目的です。
前歯が極端に前に出ており、唇を閉じても口から歯が出てしまう人はいわゆる出っ歯と呼ばれるタイプの不正咬合です。
正式には上顎前突症という状態で、様々なデメリットがあります。

 

例えば、噛み合わせが上手くいかず、物を食べるときに辛い思いをしているといったケースです。
この他にも、口が開きやすいことで口内の湿度が低下し、虫歯や歯周病のリスクが高まる可能性も指摘されています。
そんな出っ歯を改善するには、歯列矯正を最初に行うことになります。
ブラケットやマウスピース、矯正用のインプラントを駆使して、前に出すぎている歯を後ろに下げてあげるのです。
これには長期間の治療が必要になるので、
矯正中であることを他の人に知られなくないという人はなかなか手が出せないと考えているかもしれません。

 

しかし、最近は歯の裏側に装着するブラケットや審美性の高いブラケット、
さらには透明なマウスピースといった目立たない矯正器具も登場しているので、ぜひ歯科医師に相談してみてください。
また、上顎前突症が進行している人の中には、歯列矯正だけでなく外科的手術によって骨格を改善することもあります。
一般的に歯列矯正は自由診療なのですが、外科的手術を伴う場合には保険が適用されます。

 

つまり、歯列矯正も保険適用の価格で受けられるということです。
料金は歯科医院によって異なるので、まずはお近くの歯科医院のホームページをチェックしてみてください。
歯列矯正は長丁場の治療になりますから、料金や施術の流れを見ていく中で、自分のライフスタイルに合っているものを選択しましょう。

 

http://yui-oc.com/