歯科矯正はどのくらいの期間が必要?

歯科矯正はどのくらいの期間が必要?

美容目的で歯科矯正を行いたい方や、噛み合わせなど健康面でのことを考えて歯科矯正を行う方など、
個々それぞれの理由で歯科矯正を行うでしょう。

 

しかし、歯科矯正は施術したから次の日にはもうキレイな歯並びになっている、
という訳では決してありません。
それなりに期間を要しますし、人それぞれ違ってくるのが実なところです。
とはいえ、およその目安的なもの知っておかないことには、前に進めませんよね。
ここでは、歯科矯正の期間についてを紹介していきます。

 

●一般的な歯科矯正の期間
歯科矯正を行おうと思っている方で、一体どの程度の期間が必要なのか分かる方はいるでしょうか?

 

一般的に、矯正装置を外すまでの期間は、1年半から2年半くらいという方が多いと言われています。
抜歯矯正・非抜歯矯正など、その方の施術方法によっても大きく変わってくるようですが、
およそこの辺りが一般的であるとされています。

 

●期間の決め方
しかし、個人によって違うと言われると、
スタートしてからいつ終るか分からない不安にかられるはずです。

 

殆どの歯医者や歯科クリニックが、最初の段階で予想治療期間を伝えてくれます。
まず、上下の歯の前後関係を確認してくれます。
受け口や出っ歯などです。そして、次に噛み合わせです。
深さの度合いによっても色々と変化が起こるようです。

 

そして、最後に確認されるのが強度や中度、軽度なのです。
抜歯を行うか、非抜歯かで期間が決まります。
これらを総合的に判断した歯科医が、治療期間の予測を行ってくれます。
少なくとも1年は見た方が良いかもしれませんが、良く相談しておきましょう。
歯科矯正が気になる人は、蕨・さくら歯科で歯科矯正を。お問い合わせはこちらから