矯正治療と金属アレルギー

矯正治療と金属アレルギー

あなたは「歯科金属アレルギー」という言葉を聞いた事がありますか?
アレルギーとは、特定の物質に対して、過剰な免疫反応を起こす事です。
歯科金属アレルギーの場合は、言葉通り歯科治療で使用する金属に対して、アレルギー反応が起こってしまう事です。

 

特に矯正治療などは、矯正器具に金属が使用されています。
治療には2年以上の年月がかかり、その期間中、金属が食べ物や唾液で溶けだして、体内に入り込みます。
身体がそれを異物だと判断して、アレルギー症状が起こります。

 

アレルギー症状は、口内炎や歯周炎などの口のトラブルはもちろん、湿疹やかぶれなど皮膚のトラブルも生じるケースがあります。
何にアレルギー反応が生じるかは、個人差があります。
金属アレルギーの場合は、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウムなどはアレルギーが起こりやすい金属です。

 

矯正器具のブラケットやワイヤーに、クロムやニッケルが使用されているので、金属アレルギーの人は、矯正治療を受ける場合には注意が必要です。

 

日常生活の中で、金属製のアクセサリーを身に着ける習慣がなければ、金属アレルギーだと自覚がない人も少なくありません。
そのためアレルギー体質で、金属アレルギーについて大丈夫かどうか不安がある人は、事前にパッチテストを受けましょう。
皮膚科で金属パッチテストを受ければ、自分がどの金属にアレルギーを持っているのか特定する事が可能です。

 

ただし、金属アレルギーだから矯正治療が行えないという訳ではありません。
金属アレルギーではない人と比較すると、治療費が嵩んでしまいますが、金属アレルギーの人でも矯正治療を受ける事が可能です。

 

プラスチックのマウスピース矯正やセラミックで作られたブラケットやワイヤーを使用すれば、アレルギー症状は出ません。
またセラミックの場合は、メタルブラケットと比べて矯正器具が目立ちにくいというメリットもあります。

 

 

関連ページ

矯正器具の種類
矯正器具の種類
リテーナーとは
リテーナーとは
喫煙と矯正治療の関係性
喫煙と矯正治療の関係性
矯正治療中もスポーツは可能?
矯正治療中もスポーツは可能?
40代の矯正治療について
40代の矯正治療について
矯正治療の治療費を抑える方法
矯正治療の治療費を抑える方法