喫煙と矯正治療の関係性

喫煙と矯正治療の関係性

最近の歯科矯正は子供だけでなく、大人になってから治療を受ける人も増えてきています。
しかし大人になると喫煙者も少なくありません。

 

では喫煙者が歯科矯正をする場合の、喫煙リスクについて紹介します。
実は喫煙者の方が歯科矯正の治療に、余分に時間がかかってしまいます。

 

その理由はタバコに含まれるニコチンが血管の収縮を引き起こしてしまうためです。
歯が動く仕組みは、矯正器具によって動かしたい歯の根に力をかけて動かします。
この時、代謝に必要な物質が血流によって運ばれます。

 

そのためニコチンが原因で、血管が収縮してしまうと、歯が動くスピードが遅くなってしまいます。
結果的に喫煙が原因で、歯科矯正の治療が人より長期化するという訳です。

 

当然ながら長期化する事で、治療費が高くかかってしまい、矯正器具を長く付ける事になるので、虫歯のリスクも高まります。

 

さらには、喫煙リスクには、こんなデータもあります。
矯正治療の際に、矯正用インプラントとして、歯科矯正用のアンカースクリューを使用する事があります。
この歯科矯正用のアンカースクリューが血管の収縮が原因で外れてしまう可能性があります。
外れてしまったら、また埋め込みの段階からやり直しとなってしまうので、やはり治療が遅れてしまう原因となります。

 

その他、喫煙は歯周病の発病するリスクも高めてしまいます。
歯周病になると歯を支える骨が弱体化してしまうため、矯正治療が出来ない状態になってしまいます。健康な歯でなければ、矯正治療は行う事が出来ません。

 

そのため子供の頃に矯正治療が受けられずに、大人になって矯正治療を考えている場合は、タバコは吸わないようにして下さい。

 

 

関連ページ

矯正器具の種類
矯正器具の種類
リテーナーとは
リテーナーとは
矯正治療中もスポーツは可能?
矯正治療中もスポーツは可能?
40代の矯正治療について
40代の矯正治療について
矯正治療の治療費を抑える方法
矯正治療の治療費を抑える方法
矯正治療と金属アレルギー
矯正治療と金属アレルギー