リテーナーとは

リテーナーとは

アフターフォローによって歯列矯正の仕上がりは雲泥の差になります。
歯列矯正はそもそも成長した歯列を圧力で変えようというものですから、肉体はそれに反して元に戻ろうとするのです。
今回は、歯列矯正を終えた後に付けるリテーナーについて詳しく見ていきましょう。
歯列矯正を終えた歯列がもとに戻らないようにするために装着する器具をリテーナーといいます。

 

リテーナーは取り外しが効くタイプとそうでないタイプがあり、矯正の仕上がりによって歯科医師が判断して患者に渡すことになります。
取り外し可能なリテーナーは歯の裏側から矯正された歯列を支えつつ、ワイヤーを用いて前側から押さえつけるものです。
矯正器具に比べれば圧迫感は少なめですが、もし強い違和感を覚えた場合は歯科医師に相談しましょう。
取り外しが効かないリテーナーはブラケットと同様にブラッシングがしにくいというデメリットがあります。

 

しかし、その分歯を固定する力が強いので装着期間は短くなることも少なくないのです。
リテーナーを装着する時間は矯正した歯列の度合いによって変わります。
前歯だけであればそこまで長くかからないこともありますし、
下の歯を含めた全体の歯列を矯正したケースでは1年近くリテーナーを装着することになるかもしれません。
歯科医師は患者の歯列がもとに戻らないように配慮してリテーナーを手渡すので、きちんと装着するようにしましょう。
もし言いつけを守らずにリテーナー無しで暮らしていると、せっかく矯正した歯列がもとに戻ってしまうこともあるのです。
こうなってはせっかく矯正にかけた時間とお金が無駄になってしまうのでご注意ください。

 

歯並びでお困りならノア歯科クリニック中目黒http://www.noah-dental.com/

関連ページ

矯正器具の種類
矯正器具の種類
喫煙と矯正治療の関係性
喫煙と矯正治療の関係性
矯正治療中もスポーツは可能?
矯正治療中もスポーツは可能?
40代の矯正治療について
40代の矯正治療について
矯正治療の治療費を抑える方法
矯正治療の治療費を抑える方法
矯正治療と金属アレルギー
矯正治療と金属アレルギー